白洲次郎

兵庫生まれ。若くしてイギリスに留学、ケンブリッジに学ぶ。

第二次世界大戦にあたっては、参戦当初より日本の敗戦を見抜き鶴川に移住、農業に従事する。戦後、吉田茂首相に請われてGHQとの折衝にあたるが、GHQ側の印象は「従順ならざる唯一の日本人」。高官にケンブリッジ仕込みの英語をほめられると、返す刀で「あなたの英語も、もう少し勉強なされば一流になれますよ」とやりこめた。その人となりを神戸一中の同級・今日出海は「野人」と評している。日本国憲法の成立に深くかかわり、政界入りを求める声も強かったが、生涯在野を貫き、いくつもの会社の経営に携わる。

晩年までポルシェを乗り回し、軽井沢ゴルフ倶楽部理事長を務めた。「自分の信じた『原則(プリンシプル)』には忠実」で「まことにプリンシプル、プリンシプルと毎日うるさいことであった」と正子夫人。遺言は「葬式無用、戒名不用」。まさに自分の信条(プリンシプル)を貫いた83年だった。

百八十センチを超す長身、端正な顔立ち、英国流の洗練された身ごなし。 趣味は車と大工とゴルフ。そんな次郎を夫人・正子は「直情一徹の士(さむらい)」「乱世に生き甲斐を感じるような野人」 と評しています。「しょせん平和な世の中に通用する人間ではなかった」とも。

次郎は明治三十五年、兵庫県武庫郡精道村(現・芦屋市)に生まれました。大正十年、中学を卒(お)えた次郎はイギリスに渡り、 大正十二年にはケンブリッジ大学クレア・カレッジに入学、生涯の友ロバート C. ビンと出会います。

ストラッフォード伯爵家の御曹子。車好き、英語でいう「オイリー・ボーイ」で、次郎の車熱に拍車がかかりました。 ベントレー、ブガッティを所有し、週末はレースに熱中。ロバートとベントレーで長い旅行にも出ました。一方、 寄宿舎では英国流の紳士道を徹底的にたたきこまれます。

昭和三年、家業が倒産したため帰国。翌年、正子と結婚します。倒産の影響で、次郎の肩には十人以上の家族の生活が かかっていました。にもかかわらず、英字新聞の記者、英国商社、それから日本の貿易会社と、職業は安定しません。

「そういういわば風来坊的人間に、目をつけたのが吉田茂氏である」と正子は言います。吉田茂は終戦直後の内閣で 外務大臣に就任すると、直ちに次郎を中央で終戦連絡の事務に当たらせます。GHQの矢面に立たせたわけです。

それより先、昭和十五年に次郎は、日米戦争は不可避だが、参戦すれば日本は負けると断じて職を退き、疎開の準備に入ります。十八年に東京郊外・鶴川に移転してからはもっぱら農業に従事しました。

地方に住みながら中央の政治に目を光らせ、いざ鎌倉というときには中央へ出て、彼らの姿勢を正すといった人間を、 イギリスでは「カントリー・ジェントルマン」と呼びますが、いかにも次郎にふさわしい言葉です。占領下でありながら、 言うべきことを堂々と主張する次郎に、GHQ側はほとほと手を焼いたようです。本国には「従順ならざる唯一の日本人」 と報告しています。

昭和二十五年には首相となった吉田茂の特使として、アメリカに渡って平和条約のお膳立てを果たし、翌年のサンフランシスコ 講和会議には首席全権委員顧問として出席しました。

昭和二十六年から三十四年までは、東北電力会長として、戦後の電力再編に務めます。ヘルメットにサングラス、長靴で、 みずからランドローバーを運転して、ダム工事現場をまわるような異色の会長でした。

晩年の次郎が心血を注いだのが、軽井沢ゴルフ倶楽部です。芝の手入れから、従業員の生活、会員の行儀にいたるまで、 ひとつもゆるがせにしませんでした。正子は「歴代総理大臣には随分迷惑をかけたに違いない」といいますが、会員でなければ、 総理大臣でも追い返す、SPをコースに入れるなどもってのほかという姿勢を崩しませんでした。

その生涯を貫いたのは「プリンシプル、つまり原則に忠実である」という信念です。「まことにプリンシプル、プリンシプル、 と毎日うるさいことであった」と正子は回想しています。

八十になるまでポルシェ911を乗り回した根っからの「オイリー・ボーイ」。最後に残した言葉は、「右利きです。夜は左……」。 注射のため利き腕をたずねた看護婦に、そう答えたそうです。

勢いよく書かれた遺書にはたった二行
「葬式無用、戒名不用」とありました。

白洲次郎の本

自著を含め様々な書籍が刊行されています。武相荘ショップへお問い合わせ下さい(ギフト発送可)

  • 風の男 白洲次郎
  • 次郎と正子
  • 白洲次郎・正子の食卓
  • 白洲次郎の流儀
  • プリンシプルのない日本
  • 白洲次郎・正子 珠玉の言葉
  • 白洲次郎 平凡社「コロナブックス」